負担を掛けない

インプラントは、なんらかの理由で歯を失った場合に、従来の方法ではなく、骨に金属の土台を埋め込み、その上に義歯をつける方法です。現在インプラントは急速に普及しており、一般開業医、大学病医院や総合病院の歯科、審美歯科などでインプラント治療を受けることが可能です。インプラントは歯茎や骨の状態によって治療法が大きく違う場合があり、CTやレントゲンで骨の状態を把握するところから始まります。当然、それらの設備が整った歯科を選ぶことが大切です。また各クリニックでは症例数と成功率を公表しているので、できれば症例数が多く、成功率は100パーセントにちかいところが望ましいでしょう。インプラント専門と謳うクリニックもありますが、実際に設備が整っており、症例数の多いクリニックを選ぶようにすることが賢明と言えます。

入れ歯になる場合は、加齢だけではなく、若くても歯を失う場合があります。入れ歯は高齢者のイメージがあり、若くして歯を失うと激しく気落ちする場合があります。インプラントは一般的な入れ歯と違い残っている歯にかける金属の留め金がないので、見た目には入れ歯とわかりません。高齢者の場合でも、入れ歯は恥ずかしいという意識がありますが、インプラントでははずして洗うこともないので、本人も入れ歯のことは忘れがちになります。インプラントは残っている健康な歯を削ったりすることがなく、他の健康な歯に負担をかけることがありません。インプラントはなによりも噛む力が強くなるので、一般の入れ歯よりもすぐれています。また一般的な入れ歯のように、食べかすがはさまるというようなこともありません。